変形性膝関節症の痛み

【診断】  大腿四頭筋の付着部炎

 これはすでに変形性膝関節症という診断がつけれられて、 ヒアルロン酸の注射をしたのに良くならない、という場合です。 膝の痛みは、関節の中だけに原因があるわけではありません。 関節の外側、すなわち筋肉や腱の炎症が痛みの原因となっている場合があるのです。

【治療】

 温熱療法や電気治療もある程度は有効ですが、なかなか痛みが取れない場合は、 筋肉の付着部へ直接局所麻酔剤などを注射することで早く痛みが取れます。

<注意>
 膝の痛みが強い時期に、無理に大腿四頭筋の訓練を行うとかえって悪化させてしまうこともあります。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒