背部痛

【診断】  背部の筋膜炎

 これはぎっくり腰の背中バージョンといって良いでしょう。 胸椎の近くの最長筋・多裂筋や肩甲骨についている菱形筋 などの筋肉の痙攣です。

【治療】

  1. ストレッチも効果があります。
    ただし背中は動きが少ないのでストレッチを しにくいのですが、少し工夫すれば可能です。
  2. 物療としては中周波によりダイレクトに筋肉に刺激を加えると効果が大きいようです。
  3. 消炎鎮痛剤やシップなどを使用する。
  4. 最も早く痛みをとる方法は、疼痛の中心となる筋肉へのブロック注射です。

<注意>
 背部痛は時々狭心症や心筋梗塞の疑いとされます。心電図で異常がなかった場合には、 単なる筋肉痛の場合が多いのです。逆に、ブロック注射をしても痛みが続くならば、 なんらかの内臓疾患を疑う必要があるでしょう。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒