凍結肩の病態

【診断】  凍結肩

  肩関節が癒着を起こした状態です。

<コメント> 五十肩なんて放っておいても治るなんて思っている人いませんか? とんでもありません。いちど肩関節が癒着を起こすと、通常の方法ではなかなか治りません。

【治療】

 肩関節の注射や肩関節の動きを回復するリハビリを行っても肩関節の動きが良くならない場合、 手術などで癒着をはがす必要があります。当院では切らずに治す非観血的関節授動術 という方法で治療を行っています。もちろん日帰りできます。

<注意>  他にも肩があがらない疾患があります。1つは肩板断裂で上腕骨につながった筋肉の腱が断裂した状態です。 もう一つは頚椎に原因があって、三角筋にゆく神経が麻痺を起した状態です。 それぞれ治療法が全く違いますから、きちんと診断を受けて下さい。

前のページへ ⇒     整形外科トップページへ ⇒